« 尾道紀行その1 ~映画のある街 | トップページ | さんぽ、唐そばへ行く »

2005/07/17

尾道紀行その2 ~食べ物編

さて、雨の降ってきたことだし、お昼にもなったし、 「ここは尾道ラーメンでも食べるか…」 と、思い、アーケードで貰ったグルメマップとにらめっこ。
するってえと、先程の 『千光亭』 が紹介されていた。「おっし、行ってみるか…」 と、一路下山して千光亭を目指す。

Vfsh0605
よく分かんないので、とりあえずラーメンをたのむ。
「んっ?」
さんぽの知っている尾道ラーメンとはちょっと違う。醤油味は醤油味なのだが、そんなにきつくない。というかむしろあっさりしているほう。でも、中に入っているチャーシューがでかく、しっかり自己主張していました。これで、500円は安い! 他の店にも行きたかったので、替え玉や他のメニューは泣く泣く諦めました (;_;)
次回は、チャーシューメン(こってりタイプ)にトライせねば…。
 
千光亭から山陽本線のガードをくぐるとすぐに尾道の商店街(メインストリート?)となり、そしてアーケードを越えたすぐのところにもう一つのお目当てのお店、 『朱華園』 がある。

vfsh0613_
ここは尾道でも一、二を争う有名店らしく (ネット調べ) 年甲斐もなく?久々にラーメンのはしごをする。
朱華園のラーメンは、おもいっきりさんぽの知っている尾道ラーメンだった。それもそのはず、オイラが初めて食べた尾道ラーメンは叔父に連れて行かれた、 『通称、しゅうさんちのらーめん』 だったからだ。

ちなみに、しゅうさんち(のらーめん)が朱華園を指すのは、宿泊先で翌日用のネタをネットで検索している途中、初めて分かりました… (^^;ゞ
朱華園の中華そばは平打ち麺+こてこての醤油味+背脂チャッチャ系、特に背脂はチャッチャというよりもっと大きな塊で入っている感じ。さすがに、これ以上はきつく、他のお店はダウン。
 
途中、お腹を減らすために寄り道をしつつ(何処に行ったかは、次回、その3にて報告)、宿泊先である 『ビュウホテルセイザン』 へ。ここは、千光寺公園の端、つまり山の上にあるのだが、不覚にもロープウェイは5時位を最終に止まってしまうので、6時を過ぎてホテルに向かうには山道を登らなければならない…
しかし、着いたところは本当に名前の通りビュウホテルで尾道水道が一望出来た。
当日は雨も降ってたことだし、とりあえず朱華園でラーメンも食べたということで、出歩くのを諦めホテル内のレストランで食事を取ることにした。ちなみにこのホテルのレストラン、ジャンルはタイ料理。料理はとても美味しかったのだが、飲み物が壮絶だった。

 「すみません、このSPY(えすぴーわい)ってどんな飲み物ですか?」
と尋ねると、ちょっち男前のおにいさんが
 『SPY(すぱい)は、タイでポピュラーなスパークリングワインですよ。』
と優しく教えてくれる。
 「じゃあ、これを一つ。」
 『赤と青と黄色、どれにしましょう?』
 「はっ?」、「マジですか?味は違うの?」
 『ちょっと甘めかな?ってもので、どれも似たような味です。辛さを抑えるのにいいですよ。』

おちつけ、おれ。黄色は普通のスパークリングワイン、赤色はロゼのスパークリングのことだろ。でも、青って…
なんなんだ?
「じゃあ、青、下さい。」
で、出てきたのがコレ。
Vfsh0643

室内なんでちょっとピンボケてますが、マジに青いです。(^^;
ちなみにお兄さんに教えてもらって検索したところ、SPYの色は全部で5色あるようで、

 SPY BLUE (カミカゼ)
 SPY LEMON (マルガリータ)
 SPY ICE (ギムレット)
 SPY ORANGE (スクリュードライバー)
 SPY PINK (マイタイ)

何か戦隊モノっぽいよな、この飲み物…

詳しいことが知りたい方は、こちらまで。
http://www.spywinecooler.com/

|

« 尾道紀行その1 ~映画のある街 | トップページ | さんぽ、唐そばへ行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69869/5011209

この記事へのトラックバック一覧です: 尾道紀行その2 ~食べ物編:

« 尾道紀行その1 ~映画のある街 | トップページ | さんぽ、唐そばへ行く »