« らいとせいばぁ | トップページ | 尾道紀行その2 ~食べ物編 »

2005/07/15

尾道紀行その1 ~映画のある街

先月末、福山であった従弟の結婚式のついでに前からどうしても行きたかった尾道に行ってきました。

 『尾道…』

と、言えば、さんぽには映画の町ってイメージが強い。
で、どうしても外せなかったのが、ここ、
vfsh0610_
  
 御袖(みそで)天満宮。
 
ここは、映画 『転校生』 で小林聡美さん扮する一美と尾美としのりさん扮する一夫が転げ落ちて入れ替わるシーンとなったところ(いやぁ、世代がばれます…w)。思わず、

「誰か一緒に落ちてくれる人おらんかいな?」

と辺りを見回すものの、これまたやはり写真を撮りに来たと思われる初老の男性しか辺りにはいない。さすがに、この方と… という気にはなれなくて(オイオイ…)とりあえずお参りだけして天満宮を後にした。
ちなみにこの天満宮の近くに、映画 『時をかける少女』 で有名になったタイル小道があったのだが、今はもうない。

次に向かったのは『時をかける少女』のクライマックスシーンで出て来た、
vfsh0598_
 
 艮(うしとら)神社
 
ここには県の天然記念物に指定されている大楠があり、ひっそりした境内は『ぼーっ』とするにはもってこいです。時々、カップルが映画の街巡り?で賑やかやってくるのが玉に瑕かな。ココの鳥居前には、ラーメン(&居酒屋)の『千光亭』、ワッフルで有名な『茶房こもん』、そして『千光寺ロープウェイ乗り場』がある。

(ココから映画の話とは変わりますが…)
尾道に来たからには、やっぱあの景色でしょう。
と言う事で、ロープウェイに乗り、千光寺山頂にある千光寺公園へ。
ここで、東京を出る時は『晴!』といっていた某国営放送の天気予報が明けて日曜日の福山では『午後雨!』となっていたことを痛感する事になった。
仕方なく、NATURAのテストと尾道らしい風景を撮るのは諦め、一路下山して先程の千光亭へ向かうのであった。
 
 
次号、食べ物編に続く… (^^)/

|

« らいとせいばぁ | トップページ | 尾道紀行その2 ~食べ物編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69869/4986451

この記事へのトラックバック一覧です: 尾道紀行その1 ~映画のある街:

« らいとせいばぁ | トップページ | 尾道紀行その2 ~食べ物編 »