« カフェモカでおしょくじ | トップページ | 尾道紀行その4 ~浄土寺、奥の院 その後 »

2005/09/24

尾道紀行その3 ~浄土寺、奥の院

いやぁ、随分更新が遅れましたが、6月末に行った尾道紀行再開です。前回までのブログはこちらこちら

尾道といえば、長崎と並ぶ坂の町。ともなれば、「尾道水道を高いところから見た~い!」という事で、千光寺公園と並ぶもう一つの名所、浄土寺奥の院へ ”れっつとらい♪”

が、もはや定番となったさんぽの行き当たりばったり、当然奥の院までの道など知りませぬ。浄土寺奥の院って言うくらいだから、浄土寺に行けば何か手掛かりがあるかも… と、バスに乗って浄土寺下で下車。何せ、尾道ラーメン食べ歩いてきたので、時間は最早4時半過ぎ。お寺もそろそろ拝観終了の時刻になろうかとしたときのことだったので、辺りに人影は無し。仕方なく本堂に行って、お寺のお坊さんというより職員さんに質問してみる。

「あのー、不動明王さんと奥の院を”見たい”んですが、どうやったらいけるでしょうか?」
『お不動さん?護摩堂には入れませんよ。奥の院は行きたかったら勝手に行けばいいでしょ。道は外の売店の人に行き方聞いてください!』
と、ものすごく怒られる。

(後で分かったのだが、オイラが聞きたかったのは不動明王岩、職員さんの言っていたのは浄土寺にある不動明王像。よく知らんさんぽは『岩』を省略して聞いたため勘違いが起きたようだ。でも、怒らんでもなぁ~、そんなに罰当たりな質問なんだろうか?)

外の売店で人を呼んでみる。が、誰も出てこない…
仕方がないので、裏山っぽい方向に勝手に行ってみる(オイオイ)
vfsh0637_ n0506126_

久々の運動?で ”ぜえぜえ” いいながら、鬱蒼とした林の中を歩くこと約15分(ちなみに一般人より体力ないです…)突然視界が ”ぱっ” と開ける。
0506220_

おおっ、いい眺め。(『この日は生憎の天気だったが、快晴だったら絶好のロケーションやな』と思いつつ、さらに先へ。)
さらに10分弱歩くと、ありました不動明王岩。
vfsh0621_

何かの本?によると、オイラの守護が不動明王さんになるとか。ここはしっかり拝んでおかねば…ということで、しばし休憩してよくお参りしてから、最終目的地、奥の院へ。
vfsh0624_

ここまでの所要時間約40分。ただし、途中、撮影とかしていたので実際は30分くらいかな、運動不足のおいらの足で。
『やったぁ~、ごぉーーーる♪』
と思ったら、

 んっ!?

まだ先がある…
vfsh0626_

行ってみるとそこには展望台があるのでした。
vfsh0627_

ここが浄土寺山展望台、最終ゴールです。
天気悪いので撮影するより暫し ”ぼけーっ” としていたら、展望台へ向かってくる人の気配。

 誰や?

と思ってみていたら、ジョギング姿のおっちゃんが、登って来ました。

 すごいよ、オヤジ。  恐れ入りやした… <(_ _)>


|

« カフェモカでおしょくじ | トップページ | 尾道紀行その4 ~浄土寺、奥の院 その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69869/6092666

この記事へのトラックバック一覧です: 尾道紀行その3 ~浄土寺、奥の院:

« カフェモカでおしょくじ | トップページ | 尾道紀行その4 ~浄土寺、奥の院 その後 »