« フィギュア女子 その2 | トップページ | 訪問、多謝! <(_ _)> »

2006/02/25

恨ミシュラン

グルメガイドで有名なミシュランの2006年版の内容が 『ちらっ』 と、公開されたようです。

 http://www.asahi.com/international/update/0222/008.html?ref=rss
 
それによると、あの有名な La Tour d'Argent が、星一つ(★)になったそうです。
本店が星一つになったからといって東京店が同じとは限りませんが、

唯一の支店として人々に愛されているトゥールダルジャン東京

と謳っている以上、本店と同格と見られても仕方のないことでしょう。
 
さて、気になるのが、昨年グルメ番組や旅番組などで、トゥールダルジャンを褒めちぎっていた方々。どうすんでしょうね?彼ら…
大体彼らの 『舌』 は正しいの?
来年のミシュランを考えると、庶民代表?西原理恵子先生の 『舌』 の方が正しいじゃないの? と、深読みしてしまふ…
 
そして、チョイモテおやじを作ろうと、躍起になって雑誌を出しまくった出版社の方々。オイラの記憶によれば、

トゥールダルジャンをかなり褒めちぎっていた気がするが…

お願いだから、3月に06年版ミシュランが出た途端、 『コロッ』 と態度を変えないで欲しいなぁ~。必要経費も持っていないため何度もお店にいけない庶民の我々は、あなた達の出す情報を頼りにしてるんですから…
 
 
日本では 「トゥールダルジャンが星一つになった。」 と、朝日新聞の記事があるだけだが、海の向こうのニュースはちょっと変わって面白い。それによるとオーナーが、
 
 「ワシらはお前ら(ミシュラン)の格付けなんかなくてもええんじゃ。ボケェ!」

といったら、ミシュランの編集長が、
 
 「三ツ星の時は自慢げにしやがって、一つになったらバイバイかよ、ケッ!
  大体、一つ星でも名誉なことなんじゃけ、もっと大事にせんかい!!」

 
と言ったとか、言わないとか…
 
何でそんな言い回しなのかって、フランス語と英語を訳したのが、オイラだからさ。
しかもいくつかの記事を見てまわって、似たのような記事?(既にココが怪しい)を更にさんぽ流解釈??をつけたので…

あってる確率 5%くらい?? (^^;ゞ
 

|

« フィギュア女子 その2 | トップページ | 訪問、多謝! <(_ _)> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69869/8823469

この記事へのトラックバック一覧です: 恨ミシュラン:

» 奇跡のレストランの奇跡の謝罪 [明日からフランス人]
昨年ブログに書きました奇跡のレストラン・・・。 ついにメールしてしまいました。 オーナーに。 面識があり、名刺を持っていたのですがなくしてしまい。 infoへ投稿。 すかさずマネージャーから返信が。 謝罪のメールでした。 (オーナーが出張中のため) ...... [続きを読む]

受信: 2006/03/24 17:11

« フィギュア女子 その2 | トップページ | 訪問、多謝! <(_ _)> »