« 乳頭温泉郷 湯めぐり帖 | トップページ | 東京食肉市場まつり 2006 »

2006/10/14

ダッシュで温泉巡り(その2)

最近、ようやく硫黄臭さが薄れてきた さんぽ です(^^;ゞ

仕事の関係で少々日数があいてしまいましたが、さっそく

                 乳頭温泉巡り パート2

行ってみよ!

とその前に訂正が…

よく思い出したら、孫六と黒湯の時間間違ってました。

だって、黒湯出た後に一旦宿に戻って、チェックアウトしたからね。

でも、そんなことはどうでもいい話か… (^^;ゞ

 

◆鶴の湯 (2日目 10:15~10:40頃)

Vfsh1606_80  Vfsh1613_70_

蟹場温泉を10時ちょい前に出た我々は、

本来ならルート上にある大釜温泉を攻めるところなのですが、

「鶴の湯が込む前に…」

と先に鶴の湯へ向かうのでした。 で、着いたのは日帰り入浴が始まって

                     15分!

経ったところですよ。

ですが、よく写真なんかで出る有名な ”あの” お風呂は、

                  イモ洗い状態  (^^;ゞ

確かに隣の人と肌が触れ合うくらいと言うのはオーバーですが、

他の温泉が、多くて4~5人だったのに比べれば、

15分で2、30人は異常過ぎます。(笑)

なので、早々に鶴の湯を後にするのでした。

従って、他の湯(黒湯と白湯かな?)にも入ってないので実情はよく知りません。

 

ただ言えるのは、ココは泊まってから入った方が絶対イイって。

日帰りは落ち着いては入れたもんじゃないよ。

ただ、人気の宿なので、ツレを探して連れてこねば…

 

 

と、ここで作者? もの凄く睡魔に襲われたので、今回はここまで。

 

「さんぽ先生に励ましのお便りをだそう!」 って、マンガ雑誌か!(爆)

|

« 乳頭温泉郷 湯めぐり帖 | トップページ | 東京食肉市場まつり 2006 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69869/12286741

この記事へのトラックバック一覧です: ダッシュで温泉巡り(その2):

« 乳頭温泉郷 湯めぐり帖 | トップページ | 東京食肉市場まつり 2006 »