« サイアク サンデー | トップページ | 明日への希望 »

2007/05/28

齢と感受性

ZARDの坂井泉水さんが亡くなられたそうです。

ZARDといえば、オイラが社会人に成りたての頃、研修で毎晩というか毎明け方、

ハイテンションになると

                     「負けないで」

を歌って(叫んで?)いたのを思い出します。

 

ところでオイラが中学か高校の頃、岡田有希子さんというアイドルが亡くなられました。

当時、ファンでも何でもなかったのに物凄いショックを受けた事を覚えています。

坂井さんは、オイラにとっては岡田さんより憧れの存在でした。

しかし、訃報のニュースを聞いた時の衝撃は驚くほど小さいものでした。

 

齡が感受性を鈍らせるのでしょうか?

それとも、昨今の社会事件がそうさせるのでしょうか?

 

願わくば、後者でないことを。

人の生と死が、その痛みが、わかる若者が育つことを。

そしてなにより自身の感情が豊かにならねば…

そんな事を思わずにはいられない日でした。

 

心から坂井泉水さんのご冥福をお祈りいたします。

|

« サイアク サンデー | トップページ | 明日への希望 »

コメント

こんにちは~
昨日は坂井さんの訃報と政治家の訃報と・・・なんだか悔しい感に包まれた日でした。
本当は「命」について書きたい気もしたのですが、やり切れない思いのほうが強く
書く気もすっかり失せた状態でした(苦笑)

他人の生も自分の生も同じ重さなんだけど・・・実感するのは難しい・・・
なんだか本当に悔しい、虚しい思いのした1日でした。

ただただ今はご冥福をお祈りしたいです。

投稿: ミムラネェ | 2007/05/29 11:45

> ミムラネェさん
テレビなどを見ていると若者達はかなりショックなようで、
「ああっ、今時の若者もまだまだ捨てたもんじゃないなぁ~」と言う気持ちと「多感なお年頃の子供たちの扱いの難しさ」を感じました。
一方でネェさんのように悔しい感があるという事は…
 
 感受性の問題って、単なるオイラの感覚が麻痺してんじゃん
 
と言うことでしょうかね(^^;ゞ
 
そんなオイラだから、政治家のおっちゃんはどうでもいいです。
化けて出られるならともかく、そうでないなら冥福を祈る気にすらなれません。
どこぞの(都)知事さんが
「(死を持って償った)彼は侍だった」
みたいなことを言ってましたが、死ぬ事で自分の主君を窮地に追いやる侍はいないんじゃないかなぁ~?
どぉでもいいわりには長々とすみません… (^^;

投稿: さんぽ | 2007/05/29 23:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69869/15236492

この記事へのトラックバック一覧です: 齢と感受性:

« サイアク サンデー | トップページ | 明日への希望 »