« ウスバカゲロウ | トップページ | 齢と感受性 »

2007/05/27

サイアク サンデー

先週依頼した写真展用の写真を取りに

                      クリエイト

さんへ行った。

が、なんと先方の伝言ミスで注文した半分のプリントが出来ていなかった。

しかも、再プリント依頼すると通常と同じ日数を要求。

 

                               ブチッ  (`д´#)

 

素人?のオイラでも4時間あれば出来る量でしょ。

他の予約が…って、コッチは既に期日を遅れているのですよ。

工場に取りに行くから、月曜中に仕上げて下さい。  (;`O´)ノ

 

と久々にキレてしまった。

しかし冷静に考えると、ウチから新橋の現像所まで往復すると、

ちょっとしたお店のランチ一回分。

通常は二件ほど用事を作って行くのだが…  (>_<)o彡

 

富士フィルムイメージテック(クリエイト)さん、

早さと技術は一流かもしらんけれど、

アマチュアだと思ってなめてかかる営業(接客)は三流のようだ

 

      ------ヽ(∀°)人(゚∀゚)人(°∀)人(∀°)人(゚∀゚)人(°∀)ノ------

 

その後、有楽町駅に戻り汽車に乗ろうとしたところ、

                             切符がナイ  (°д°∥

 

どうやら、怒りの最中か、ショックで落ち込んで帰る途中で落としたようだ…

              が~ん (T-T)

今日はあっちこっちウロチョロしようと、フリーきっぷを買っていたのが、

裏目に出たようだ。

先の再訪問の切符代とあわせると…

 

          テレビに出てくる有名どころのランチ一回分やん

      えっ、「なんでもメシ代に換算するクセ止めんか!」ですか… (;^~^A

 

      ------ヽ(∀°)人(゚∀゚)人(°∀)人(∀°)人(゚∀゚)人(°∀)ノ------

 

一通りの用事を済ませてトポトポと帰る途中、

千葉そ●うのデパ地下のパン屋に寄る。

今日は暑さのせいか結構喉が渇いてたので、ついでにジューススタンドにて

珍しくジュースを購入。

 「搾りたてグレープフルーツ下さい。」 と、オイラ。

 『はい。氷はお入れしますか?』 と、売り子のおねえさん。

 「おねがいします。」

そういうと、おねえさんはカップに氷を入れて冷蔵庫から…

 ゑっ!? オレンジ?? (°д°∥

 いやいや、オイラ、目が悪いからオレンジっぽく見えるだけだ。

 なんてたって、千葉では有名なデパート。

 きっとルビーグレープフルーツか新種のグレープフルーツに違いない。

と、心の中で呟き動揺を抑えていると…

 『おまたせしましたぁ~♪ 搾りたてオレンジジュースです。』

                                

                      (ノ °д°)ノ

 

 「グレープフルーツってお願いしたんだけど…?」 と言ったら、

憮然とした顔で

 『もうしわけありません。作り直します。』

だと…

オイラ、オイラが悪いのか!?

 

 

今日はビューティフルサンデーどころか、サイアク サンデーでしたよ (T-T)

みなさんはいい一日過ごせましたか?

|

« ウスバカゲロウ | トップページ | 齢と感受性 »

コメント

こんにちは~
オイラ、オイラが悪いのか!?>さんぽさんが悪いとこは一つも無いじゃないですか~

私たちは土曜日から出かけていましたが、スナフキンは小さなハプニングがチョコチョコとあったようですよ!(笑)
「ここで悪運を落としていけば大丈夫!」と言い聞かせて、帰ってきました(笑)
さんぽさんも後はきっと良い事がありますよ(*^-^)b

私だったらもっと店員さんに悪態ついてましたよ~(笑)

投稿: ミムラネェ | 2007/05/28 11:07

> ミムラネェさん
こんだけ?あったんだから、ちょっとやそっとの良い事では割に合わないぞぉ~(笑)
 
今日、写真撮りに行ってきました。
ダメ元で悪態ついたら、一割引にしてくれました(笑)
でも、往復の交通費が約2000円なので、結局片道分しか取り返していません(^^;ゞ

投稿: さんぽ | 2007/05/28 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69869/15222926

この記事へのトラックバック一覧です: サイアク サンデー:

« ウスバカゲロウ | トップページ | 齢と感受性 »