« Ocean tableで飲み会 | トップページ | ユデロ と 東京炒飯 »

2011/02/13

ライナーノーツは便利だなぁ c(≧ω≦)ノ

昨日は仕事の合間を縫って、Kさんの所属するアマオケの演奏会へ。

ええ一昨日は、仕事を切り上げて飲み会でした。

今日は朝から晩まで仕事でしたが、何か? (はっCP+ …終わっちった weep

 

そんなわけで、お昼までで仕事を一旦中断して、

Img_4889_25
        フライハイト交響楽団さんの定期演奏会を聞きに錦糸町へ

さすがスカイツリーあまりの高さに上空が霞んでいます catface

 

フライハイトさんのコンサートはいつも大入り。

Img_4900_20
今回は30回という節目もあってか、更に多くね? coldsweats02

 

        ------ヽ(∀°)人(゚∀゚)人(°∀)人(∀°)人(゚∀゚)人(°∀)ノ------

 

今回の演奏曲目は

A・ドボルザーク 序曲「謝肉祭」作品92

A・ボロディン 歌劇「イーゴリ公」から《ダッタン人の踊り》

N・R=コルサコフ 「スペイン奇想曲」作品34

M・ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」

(アンコール曲)

G・ビゼー 「アルルの女」第1組曲より 《メヌエット》

 

まぁ、オンチ(音痴+音楽知識ゼロ)なオイラが解説するのもなんですが、

最初の2曲は緑色というか草木をイメージさせる曲でした。

寒い季節に芽吹く木々というよりは新緑の季節。

ああっ、GWにオイラをロシアが呼んでいる? σ(≧ω≦。)

 

楽団員さんのライナーノーツによると、

    ダッタン人の踊りとはタタール人の音楽をイメージしたもの

らしく… そうか、韃靼蕎麦のダッタンではないのか… coldsweats01 ナンチテ

オイラ的には中央アジアと言うか、ナウシカのイメージが強かったなぁ~。

まぁ、(久石)譲さんが19世紀に生まれているわけではないので、偶然でしょうね catface

 

休憩の後はムソルグスキーの展覧会の絵

    いやぁ、知っている音楽だとほっこりしますね。

展覧会の絵といえばCMでも御馴染みの曲。

オイラの世代だと(1990年代?)では車か酒、
(高級車かウイスキーだかブランデーだかの高級酒だった気がする)

で使われてましたね。

最近では、アッコさんのパチンコCM "noteナナナナ" で有名かな。(って関東だけかな?)

ちなみにこの展覧会の絵、

CMで使われる有名な部分をプロムナードといいますが、

その他に

Ⅰグノームス、Ⅱ古城、Ⅲテュイルリー、Ⅳビドロ、Ⅴ卵の殻をつけた雛の踊り

Ⅵサミュエル・ゴールデンベルグとシュムクレイ、Ⅶリモージュの市場

Ⅷカタコンブ 死者とともに死者の言葉で、Ⅸ鶏の足の上に建つ小屋

Ⅹキエフの大きな門

という曲で構成されています(正確には途中所々でプロムナードが入るが…)。

    へぇ~、そんな副題があるんだ(ってそんなことも知らないオイラ)

と休憩時間にノート(ライナーノーツ)を読んでいましたが、

グノームスは地底に住む小人の妖精で、古城はイタリアの古城?

テュイリーはフランスの公園?? なんじゃそりぁ~ 脈絡がない…σ(-ω-。`)

と思ったら、重要なことがノートには書いてありました。

  ムソルグスキーは親友ヴィクトル・ハルトマンの遺作展を見た時の印象を
  題材に、作曲した。
  と…

おおっ、なるほど、だから展覧会の絵。

各節の副題みたいなのは絵のタイトルなのか。 (*゜▽゜)*。_。)ウンウン

  しかし、タイトルからしてバラバラやん。画家としての方向性が見えん…
  こいつ、アマチュアか?
  でもムソルグスキーの親友ならそこそこ名が売れていた筈。
  ってことは、遺作展を開いた画廊のオーナーか美術館のキュレーターが
  センスのないヤツやったんと違う?
  こんなバラバラな内容のもの展示しやがって…σ(-ω-。`)

と、最早音楽とは関係ないことで、休憩時間に妄想して楽しんでおりましたよ。

                              ライナーノーツって便利だなぁ~ coldsweats01

 

いや実際、ノートのお陰で曲と曲の間が分かり、便利でしたよ。

ノートを作成したYさんありがとう (≧ω≦)ノシ

 

        ------ヽ(∀°)人(゚∀゚)人(°∀)人(∀°)人(゚∀゚)人(°∀)ノ------

 

ムソルグスキーが見たと言われるハルトマンの絵のうち、Ⅴ、Ⅵ、Ⅷ、Ⅸ、Ⅹの

絵がある(分かっている)と言われており、いくつかはwikiで見ることが出来ます。

お暇だったら見てみては? coldsweats01

 

 

コンサート会場内の撮影は禁止だそうなので、定番のお昼ご飯でゴメンナサイ

Img_4905_25
フライハイト交響楽団 第30回定期演奏会
(すみだトリフォニーホール 大ホールにて  東京都 墨田区)

|

« Ocean tableで飲み会 | トップページ | ユデロ と 東京炒飯 »

コメント

こんにちは
クラシックにと~んと疎い私ですが、うちに
展覧会の絵のCDはあるんですよ~珍しくσ( ̄∇ ̄)
いいなぁ~音楽鑑賞!

投稿: ミムラネェ | 2011/02/14 11:20

> ミムラネェさん
展覧会の絵のモチーフになったヴィクトル・ハルトマンはロシアの挿絵画家だそうですよ。ネェさんもたくさん書いたら、誰かが「展覧会の絵 ミムラバージョン」を作ってくれるかも? ええ、オイラにゃぁ無理な話ですが…coldsweats01
案外、ネェさん家にあるCDは挿絵繋がり? ( ̄ω ̄;ナイナイ

投稿: さんぽ | 2011/02/15 22:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69869/50863939

この記事へのトラックバック一覧です: ライナーノーツは便利だなぁ c(≧ω≦)ノ:

« Ocean tableで飲み会 | トップページ | ユデロ と 東京炒飯 »