« 東北旅行記アップしました(4) | トップページ | 東北旅行記アップしました(5) »

2012/10/07

お帰りなさいませ、ご主人さま♪ しーずん つぅ(^^;

「今日からそれ、毒物ですからぁ~」 と、一方的な通知(実際は本社の通達ミス)を

受け、バタバタしていたさんぽです。 sweat01

 

そんなこともあり、また、昨日は雨かな?

と思い、おさんぽを見合わせていましたが、今日がイベントの最終日なので、

rain の中、アキバまでお出掛け。

 

道に迷って、気が付くと多くのメイドさんたちが客引きしているストリートに迷い込む。

それにしても今はいろんなメイドさんがいますね。

マヂ高校生じゃないかと思う人もいれば、

あきらかに無理してるだろ sweat02 というメイドさんや

ビッとしたモデル張りの容姿のパツキンの外人さん(でもメイド服 coldsweats01 )、

そして、おかまちゃんのメイドさんまで… sweat02orz

 

綺麗なおネェさんは嫌いじゃないんですけど…

ちなみに帰ってググってみたら、男の娘は2丁目系ではなく、女装が趣味の普通の?男の子らしいですが… <( ̄▽ ̄;)ゞ

 

        ------ヽ(∀°)人(゚∀゚)人(°∀)人(∀°)人(゚∀゚)人(°∀)ノ------

 

話がそれました sweat01

で、目的の場所はこちら

 

Imgp5792_11
               JR秋葉原駅の目の前にありました orz

こんなことなら普通に総武線(各停)で行くんだったよ sweat02

 

では、中にはいってみましょっか。 run

Imgp5787_11 

 

 

 

Imgp5633_11
まずは恒例のお試し質問、撮って、ブログに乗っけていいか? ってやつ。

これは黒い(望遠)でおなじみのN社 coldsweats01 さんとは違って

  どうぞ、どうぞ note

と、速攻のご回答。

たまたまこのエレベータ前にいた人が責任者だったのか、そういう指示が徹底されていたは分からないが、歩き回って感じたスタッフの行動や言動からはコンパニオンや派遣ではなく、自社のブランドに対する責任感が感じられた。

って、堅苦しい話は置いといて。。。

中に入ると、ドドーンとお出迎えするのが

Imgp5777_14
             ペンタックスのお家芸、100色カラバリ coldsweats01

 

そして反対側には

Imgp5643_12

                        K-5 Ⅱが。

そしてお料理番組を彷彿させる、

Imgp5762_13
               断面モデル(^。^; & スケルトン。

 

Imgp5638_11 

D600の時 とは違って会場広くて、天井が高く明るいせいでしょうか、

パッと見た感じ、あまり人がいません。

 

Imgp5661_12
              こちらは、人は人でもほとんどスタッフ coldsweats01

まっ、たまたま浜崎さんのトークライブが重なっていたせいなんですが。

ラッキーなので、待ち時間なしにタッチ&トライ、暗所体験させてもらいました happy01

 

Imgp5670_13
                         前から

Imgp5669_17
                        後ろから

基本的にK-5と同じ大きさなので、ハンドリングに差はありません。

操作も同じなのでD600の時のように迷うことナッシング(笑)

ただ一つだけK-7の時から操作が変わって不便なことがあり(K-5Ⅱでも変わらない)

聞いてみると、

   それは、xxxxすればいいんですよ。

   おおーーーーっつ! coldsweats02

目からうろこ、ってか、これだけでイベントに来た甲斐ありました。

っか、『取説よく読めよ』って、ことですよね sweat02

 

また、データはお持ち帰りできなかったのでお見せできませんが、
(ただ、「後ろから」の写真、開封厳禁のテプラを見る限り、開けてるっぽいぞ coldsweats01

K-5Ⅱsで壁(タッチ&トライの会場の木目調の部分見て下さい)を撮影すると

モアレがばっちり。

   やっぱ、K-5Ⅱにするとモアレは出ませんか?

と聞いたところ、

   いえ、K-5Ⅱや(お持ちの)K-5でも同じように出るでしょう。

とキッパリ。

撮影時、そして帰ってからも確認しましたが、K-5ではモアレが出ていないことから、

にぃにぃの言を真とすると、レンズのせいかなぁ~

撮影条件はそろえましたが、
さすがに(小心者のオイラ?は)レンズ交換させて…
とは言えなかったので <( ̄▽ ̄;)ゞ
  タッチ&トライはレンズキットと同じDA 18-135、
  オイラのはDA* 16-50

 

Imgp5690_14
一方の暗所体験コーナー

ネットとかのレビューを見たりしていると、暗闇のように真っ暗。

…と言われていますが、見ての通りちょっとした暗幕がある程度なので、

夜景や星を撮影するオイラからすると、

Imgp567711
                   そんなに暗所じゃない coldsweats01
  (K-5Ⅱと比較するため、ISO3200まで増感しています。実際はもっと暗いです。)

鉄道模型(左)とクラゲ(右側、ここでは写ってない)がEV=0位で、

真中(写真右側)がEV=-3位とか言ってたっけ。 σ(-ω-。`)

 

もともとK-5自体のオートフォーカス輝度範囲が(確か)EV=-1~18なので

鉄道模型の合焦は100%(必ずした)、ミニカーでさえ2回に1回はピントがあったので…

Imgp5675_11_2
                      恐るべしK-5。coldsweats01

ただオートフォーカスがEV=-3で合うってだけで、

撮影された画像自体に大きな差は見られんかったなぁ~。

実際、これはK-5Ⅱと同じ、ISO3200で撮りましたが、画が粗すぎて<( ̄▽ ̄;)ゞ

K-5Ⅱsも見た感じ差がなかったので、

ピントが合うだけで、きれいに撮れるは別問題かと sweat01

 

ってか、大体真夜中の防犯カメラってわけじゃないし、

動くのはせいぜい月か星、もしくは風で揺らぐ葉っぱくらいか。

そんな撮影ではフォーカスがずれないように、通常マニュアル(+三脚)なので、

オートフォーカスが素早く合うなんて、必要ないっちゃぁ必要ない機能かな?coldsweats01

 

おおっ、そうだ、肝心なものを忘れていました。
(人が減ってきたので、入り口付近まで戻って… sweat02

Imgp5735_15
                    (プロによる)性能比較

 

Imgp5742_14


写真では分かりにくいですが、「ローパス」 あり と なし じゃ、

かなり印象が違います。

が、Ⅱsとフルサイズ機(S社のα900かなぁ?)とのことですが、

Imgp5744_14

ここではⅡsの方が2400万画素フルサイズ機よりわずかに勝ってみえますが、
(ペンタックスさんの下のコメントでは「ほぼ同じ」 catface

オイラが撮った感覚では、D600の方がキレイ に見えました。coldsweats01

するってぇと、

D600>K-5Ⅱs≒α900?>K-5Ⅱ≒K-5

ってことになるんかしらん?
(値段と画素数、そして大きさから考えると、ペンタくん結構がんばってます good

 

最初の方の写真にもありますが、

会場ではQ10のタッチ&トライのコーナーもありました。

Imgp5712_16
カップルが多いのは何となくわかりますが、

結構、カメラ小… いやカメラにぃにぃにも人気がありましたねぇ~ catface

 

Imgp5728_12
どどーん、と、ど迫力の560㎜DAレンズ、35㎜に換算すると850㎜オーバー。

ここから京浜東北線がばっちりアップで撮れます。

が、リュック一個でおさんぽするおいらにゃぁ無理な大きさです。 coldsweats01

 

今のところ、D600とK-5Ⅱsが迷うところですが、

K-7時代から続く資産(レンズというよりはバッテリーとかレフコンとかのアクセサリー)

と値段を考えるとK-5Ⅱsかなぁ~ という感じ。

ってか、K-5Ⅱはまさにマイナーチェンジ。

使う人間がテマヒマ掛けてあげれば、K-5はⅡと(撮り方によってはⅡsとも)、

差がなく撮影できるってことが分かりました。

つまり、買い足さなくてもイイってこと? Σ( ̄□ ̄;

 

まっ、ペンタックスがこれらの資産を使える、フルサイズ機を出してくれれば

一番悩まずに楽なんですけど( ̄▽ ̄;

 

Imgp5692_11
ペンタックスK-5Ⅱ体感&トークライブにて(東京都 千代田区 外神田(秋葉原))

|

« 東北旅行記アップしました(4) | トップページ | 東北旅行記アップしました(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69869/55838426

この記事へのトラックバック一覧です: お帰りなさいませ、ご主人さま♪ しーずん つぅ(^^;:

« 東北旅行記アップしました(4) | トップページ | 東北旅行記アップしました(5) »